Copyright ©  2017    鉱物友の会

ア行
​鉱物友の会・会員ページ専用、鉱物用語表
※ランダムに更新
用語
ふりがな
​解説
アリゲーター水晶  ありげーたーすいしょう
エレスチャル水晶の別名。結晶面が凹んだ形状をする水晶。ワニに似ている事も由来。
 異質晶洞                (ジオード)
ジオードの和名。中で結晶している鉱物と、空洞を形成している鉱物が違う場合が、異質同象。(例、カルセドニーの空洞で中の結晶が、水晶。)
​いしつしょうどう
インクルージョン  いんくるーじょん
内包と同じ。鉱物の中に、他の鉱物が入り込むこと。
隕石       いんせき
宇宙空間から地球上に落ちて来た天体由来の物体。 1㎜以上のもの。
エレスチャル   えれすちゃる
結晶面が凹んだ形状をする水晶。
青水晶      あおすいしょう
主に青水晶とは、青色針状結晶の鉱物が内包したもの。スペインで産出するアエリナイトin水晶が有名。
赤水晶      あかすいしょう
主に赤水晶とは、ヘマタイトなどの赤色鉱物が、内包または覆いかぶさっている水晶の事を言う。
おうけつ      おうけつ
ポットホールとも呼ばれる。川床や川岸などの岩畳などに、川の水や礫によって丸く浸食した穴。