検索
  • 事務局長

秩父鉱山(鉱山の話)第五話 和那波鉱床

 今回は、和那波鉱床のお話をします。

 和那波鉱床の話をする前に、いったい秩父鉱山はどのように作られたのか、その話からしてみたいと思います。秩父鉱山はスカルンの代表的な鉱山です。スカルンとは、もともとあった石灰岩にマグマが貫入し、そこにできた変成岩のことを言います。石灰岩は堆積岩、マグマがゆっくりと冷えて固まると火成岩、そして、その接点にできた変成岩には様々な鉱物ができることが知られています。今から約1億8000万年前にできた石灰岩層に、約600万年前に石英閃緑岩(広い意味での花崗岩)が貫入してできたのが、秩父鉱山です。

 さて、和那波鉱床に話を戻します。小さな大黒橋を渡り、ニッチツ工場(第二工場)を左手に見て少し進むと、道が右に折れます。そこから雁掛トンネルに入りますが、それは、電灯の無い、300~400mも続く、荒削りのトンネルです。トンネルの真ん中で車を停めると、周囲は真っ暗。前方と後方に出口の明かりが小さく見えるだけです。ちょっとした肝試しスポットです。雁掛トンネルを抜け、さらに300mほど進むと、採掘した晶質石灰岩が積み上げられた、もう一つのニッチツ工場(本部)があります。手前には有名だけれど廃屋の様な「秩父鉱山郵便局」があります。今でも営業しているようです。ニッチツの工場を上方に仰ぐと、その奥に和那波鉱床があるのです。

 和那波鉱床の周辺は、石灰岩質で、変成作用を受けた部分に晶質石灰岩を作ります。秩父鉱山では多くの鉱口が閉ざされた中、ニッチツ工場がこの周辺で晶質石灰岩のみを今でも採掘し続けているのです。和那波鉱床では、また、磁鉄鉱や磁硫鉄鉱など、鉄鉱石を観察することができます。水産エレスタド石が出る事でも知られています。

 次回は橋掛沢の紹介をします。


和田文明


70回の閲覧

Copyright ©  2017    鉱物友の会